東京中野:ロレックスやカルティエなどの高級ブランド腕時計「かめ吉」の通販サイト

タグ・ホイヤー TAG Heuer のブランドヒストリー

1860年、創業者のエドワード・ホイヤーがスイス・サンティミエに工場を設立。その技術力の高さで1882年にはクロノグラフの特許を取得し、クロノグラフ懐中時計を発表。1916年に世界初の"100分の1秒"まで計測可能な「マイクログラフ」も開発し、計測へのこだわりをみせた。1920年代にはオリンピックの公式計時を3度も担当。1963年には現在でも主力モデルのクロノグラフ「カレラ(手巻き)」をリリース。さらに当時は最も困難とされていた”自動巻き”のクロノグラフ開発に力を注ぐ。ブライトリング、ハミルトン、デュボア・デプラと共同研究を進め”Cal.11”の開発に成功。1969年には世界初の自動巻きクロノグラフ「クロノマチック」と防水クロノグラフ「モナコ」をリリースし話題になる。特に後者は「栄光のル・マン」という映画中、スティーブ・マックィーンが着用したことで更に話題になった。これ以降、F1やインディカー等のモータースポーツ競技の公式計時を務めていく。

クォーツショックからピアジェの傘下になった時期もあったが、間もなくTAGグループになり、社名も現在の"TAG Heuer"に。1999年からはLVMHの傘下に入り、その人気もさらに盤石なものとしている。特にモータースポーツウォッチへの情熱は、他の追随を許さない。

カレラ

カレラクロノグラフ

リンク

アクアレーサー

モナコ

フォーミュラ

その他

絞り込み検索



万円から万円まで





機能を選択

394 件中 3754 件目条件を変更