東京中野:ロレックスやカルティエなどの高級ブランド腕時計格安販売・高価買取「かめ吉」の通販サイト

セイコー SEIKO のブランドヒストリー

スイス時計と肩を並べる高精度・高品質で、世界に日本製腕時計の技術力を知らしめたセイコー。その栄光の軌跡は1881年、若き時計商であった服部金太郎が東京・京橋に興した、輸入時計販売と時計修理を行う服部時計店に始まる。1892年には時計製造を目的とした精工舎を創立。掛時計や懐中時計で業績を伸ばし、1913年には国産初の腕時計「ローレル」を発表した。1924年にSEIKOブランドを立ち上げると、「世界に追いつき、追い越せ」を旗印に腕時計の技術革新に取り組み、長年の経験をベースに総力を傾注し1960年、初代「グランドセイコー」を完成させた。1964年には、精度を競うスイス天文台のコンクールに参加、1968年のジュネーブ天文台コンクールでは上位を独占する偉業を成し遂げた。

 一方で腕時計の電子化に刺激され、1969年にはクロノメーターの精度を遥かに超える「クォーツアストロン35SQ」の発売。このイノベーションは時計業界に新たな創造を生み出すと同時に脅威ともなり、クォーツショックで、スイスの時計メーカーが3分の1に縮小する事態となった。1998年には機械式腕時計のもつ価値を再認識する原点回帰を掲げると、キャリバー9Sを駆った機械式の「グランドセイコー」が復活。2004年には機械式とクォーツの技術を融合したムーブメント、スプリングドライブ9R6シリーズ、2012年には、世界で初のGPSソーラー腕時計「アストロン」など、とめどない才気で革新的なモデルを発表した。精工舎=「精巧な時計作る」という創業時の理念は今もしっかりと息づいている。

絞り込み検索

全時計商品から



万円から万円まで





機能を選択

94 件中 118 件目条件を変更