東京中野:ロレックスやカルティエなどの高級ブランド腕時計「かめ吉」の通販サイト

ベル&ロス Bell&Ross のブランドヒストリー

1991年、ブルーノ・ベラミッシュとカルロス・ロシロの旧友二人がパリで時計制作のプロジェクトを始動。元々、時計技師ではない彼等は憧れていたブランド、ジンの社長であるヘルムート・ジンに接見しアドバイスを乞う。その熱意におされたジンは、1994年に「Bell&Ross by Sinn」として世界販売をサポート。そのデザイン性は高く評価され、1998年にはシャネルとの提携も取り付ける。提携とは言え、財政面やムーブメントの供給に限っており、経営戦略やコンセプトを歪めるものではなかった。これによって彼等の才能は更に開花し、今日の成功に至る。彼等の産みだすプロダクトは「デザインは機能に従う」というコンセプトのもと「視認性」「機能性」「防水性」「高精度」という4本柱でなっており、無駄な演出を削ぎ落とした機能美が追求されている。2002年にはスイスのラ・ショード・フォンに工場を設立。その3年後に発表したスクエアケース「BR01」は航空計器のような顔立ちで、スタイリッシュなミリタリーデザインがファッション関係者までを虜にした。

 その他、90年代のパイロットへのオマージュである「ヴィンテージ」やプロダイバーに向けた「BR02 マリーン」など、過酷なシチュエーションで活躍するプロフェッショナル達にも受け入れられる実用的なコレクションは着々と幅を広げている。また、同ブランドでは生産を終了したモデルでもパーツ供給は永遠に行うという、稀なスタンスをとっているのも特筆すべきこだわりである。

BR01

BR03

ヴィンテージ

その他

絞り込み検索



万円から万円まで





機能を選択

107 件中 118 件目条件を変更