東京中野 | ロレックスやカルティエなどの高級ブランド腕時計「かめ吉」の通販サイト

数百という極小部品からなる、繊細且つ複雑なブランド時計には、定期的なメンテナンスが必要です。  お買い上げいただいてから永年にわたりご愛用いただくために、当店が責任をもって各種修理からオーバーホールにいたるまで大切な時計のサポートをさせていただきます。

以下の項目をご参考のうえ、気になる点や故障・不具合が生じた場合、定期的な点検(オーバーホール)の際には、お気軽にお電話(03-5318-7399)にてお問い合わせください。

※他店でご購入いただいた商品の修理も承っております。
かめ吉でお買い上げいただきました全ての時計には、末永くご使用いただくために安心の保証をお付けしております。正常なご使用で生じた不具合や自然故障については、当社保証規定に基づき無償で修理保証致します。
 かめ吉では、専門の高級時計技師と提携し、高度な技術で修理・調整に対応させていただいております。修理部品は全て各ウォッチメーカー製の純正部品を使用していますのでご安心ください。
※かめ吉保証期間内であっても当社保証規定外(取扱の不注意による故障や外傷や衝撃による故障など)の場合は有償修理となります。
※かめ吉保証期間内の保証対象修理は技術料が対象となり無料となります。 部品交換が必要な場合、部品代金は別途お客様ご負担となります。
※クォーツ(電池式)時計の場合、メーカーからの製品出荷時に検査・使用されている電池がそのまま内蔵されているため、 ご購入時には消耗している場合がございます。その際の電池交換は有償となりますのであらかじめご了承ください。
保証期間
新品 ……………………… 3年
※10万円以下の新品は 1年
中古 ROLEX …………… 3年
中古 その他 ……………… 1年
かめ吉 保証規定 修理・オーバーホールの流れ

使用していると、ケースやブレスレットが傷ついたり汚れたりするように、時計の内部も同様に傷んできたり、汚れたりしてきます。長年に渡り、大切に使用していくには定期的なメンテナンスが必要なのです。
 特に自動巻き・手巻きの機械式時計は、精密に歯車を作動させるために3年~4年に一度はオーバーホールといわれるメンテナンスが必要になります。内部の機械を分解・洗浄し、それぞれのパーツを点検して摩耗部品は交換。長期間の潤滑な動作のために油を継ぎ足しながら再度組み上げ、ご希望の方には外装の磨きまで仕上げて(別途料金が必要です)お客様のお手元にお返しします。このように、きちんと定期的なメンテナンスをしていただくことで、何十年もの間、あなたと共に大切な時を刻み続けるでしょう。

また、クォーツ時計も機械式と同様に歯車で動いています。
機械内部の保油状態、電池の漏液、汗等水気の侵入などで故障してしまうケースもございますので、電池交換のタイミングなどでオーバーホールに出していただくことをおすすめします。(クォーツは5~6年に一度が目安となります。)

※クォーツ時計の止まりや不具合についても、機械式時計と同様に外装診断からはじまり、時計の状態を最良にするために全ての機能をチェックさせていただきます。
※電池交換のみの場合でも、テスターで回路の診断をして、通常の使用状態でのランニングテストを実施します。(納期はお預かりで1~2週間頂きます。)
※自動巻き、手巻き式のオーバーホールには、最短でも4週間以上頂いております。

このように、オーバーホールは高度な技術や知識を要するため、どの時計店でも専門の技術者と契約しておりますが、かめ吉では創業以来、なかでも熟練の卓越した技術者のみと提携し依頼しておりますので、安心してお任せいただけます。

オーバーホール料金目安表 修理・オーバーホールの流れ

お客様がかめ吉にて、 現金支払・銀行振込・J-デビット・ショッピングクレジットによりお買い求めいただいた場合、保証期間後であっても定期的なオーバーホール基本料金の半額をかめ吉で負担させていただきます(パーツ代は別途)。
その際は、保証期限切れでも構いませんので、かめ吉保証書をご提示ください。ご提示がない場合は適用されませんのであらかじめご了承ください。

※特に不具合が見当たらなく、オーバーホールの必要性が認められない場合にはお受け出来ない場合もございます。
※修理・メンテナンスに関しましては、可能な限り当社で対応できるよう努めておりますが、パーツの入手が困難な場合はやむを得ず、各メーカーでのメンテナンス対応となり“オーバーホール半額サービス”が適用されませんのであらかじめご了承ください。
※クレジットカード決済の方、及び2006年11月以前にご購入の方は対象外となります。また、当店保証書のご提示が条件となりますので、予めご了承ください。

1.時計が動かない …
リューズを引き出したままになっていませんか?もしくはゼンマイの巻き上げ不足が考えられます。自動巻き、手巻き共にしっかりとゼンマイを巻き上げてから使用しましょう。クォーツの場合は電池交換の時期です。

2.日付けが0時で切り替わらない …
モデルによっては0時を過ぎてから切り替わる動作を完了するものもあります。いつまで経っても変わらない時(+−10分程度は許容範囲です)は、歯車にずれが生じている場合もございます。一度、時間と日付けを先送りしてから再度、確認してみて下さい。

3.日付がずれる …
調整不要の永久カレンダーでない限り31日の表示を繰り返します。31日に満たない月は月末にご自身で調整が必要です。また昼の12時前後に日付けが変わる場合は、半日分時間がずれている可能性があります。午前午後に注意して時刻を合わせましょう。

4.文字盤がくもる …
高温から低温になった場合によく見受けられます。多少のくもりであれば、文字盤内の水蒸気が結露したと考えられ許容範囲ですが、視認性が悪くなる程くもってしまう場合は浸水の恐れもございますので、速やかにご相談下さい。

5.水に濡らしてしまった …
防水機能があっても汗や水分はサビや汚れ、不良の原因となります。水に濡れてしまった場合は、乾いた布等で水分を拭き取り、直射日光のあたらない風通しの良い場所に置いて下さい。

6.時計を振ると音がする …
自動巻きは時計本体の揺れや動きによって内部のローター(回転錘)を回転させ、ゼンマイを巻き上げる力を蓄えています。音がするのはローターの回転音ですので、安心してお使い下さい。