ロンジン”LONGINES”新品・中古/かめ吉の通販・買取サイト

ロンジンの時計

ブランドヒストリー

1832年、オーギュスト・アガシがスイス・サンティミエの時計製造販売会社の共同経営者になったのが起源。その後、甥のアーネスト・フランシロンが事業を引継ぎ、同社の時計製造を「工場制工業」へと引き上げていく。1867年には、サンティミエの”レ・ロンジン(Es Longines = 細長い野原)”と呼ばれる場所に工場を設立。そこで製造された「キャリバー20A」は、同年のパリ万国博覧会で受賞。この頃から時計には「Winged Hourglass(翼の砂時計)」が刻まれるようになる。また1873年のウィーン万国博覧会でも受賞し、懐中時計に「Patent Longines」という文字が刻まれるようになり、1880年には「ロンジン(Longines)」がブランド名になった。後にもアントワープ万国博覧会でグランプリを受賞。ついに「翼の砂時計ロゴ」はスイス連邦知的所有権局に登録された。このように受賞を繰り返す(10度を超えると言われる)傍ら、当時からブランドの知的財産権保護を意識していた数少ないブランドである。1931年には、大西洋無着陸横断飛行を成功させたリンドバーグが考案したナビゲーションウォッチを具現化し(「アワーアングル・ウォッチ」現・ヘリテージコレクション)、2003年には伝統的トノー型の「エヴィデンツァ」を、2005年には現在でも人気の「マスターコレクション」を発売。またムーブメントメーカーとしてもコラムホイール式クロノグラフの「キャリバー688」を開発し、2012年には創業の地でもある「サンティミエ」の名を冠したコレクションに搭載している。
ロンジン_マスターコレクションの時計
マスターコレクション
MEN'S   LADY'S
ロンジン_ヘリテージコレクションの時計
ヘリテージコレクション
MEN'S
ロンジン
その他
MEN'S   LADY'S

ご購入三大特典
振込・代引でのご購入の流れ
クレジットローンでご購入の流れ

※在庫がない商品に関しましては、前回の販売価格になります。
商品のお取り寄せ時には、価格が変動することがあります。

※店頭販売も行っているため売り切れる可能性もあり、次回の入荷までお待ちいただくことがあります。詳しくは03-5318-7399までお問い合わせ下さい。

※ホームページ掲載の写真は、実物の商品と若干異なる場合があります。

※革ベルトの時計は、入荷の状況などにより、掲載写真の革ベルトと色等が異なる場合がございます。

※中古の商品は磨きやメンテナンスを済ませております。

※箱の無いものは、当店のオリジナルBOXをお付けして送らせて頂きます。

※代金引換以外でご注文していただいているお客様には、ご希望の場合、無料でブレスレットのサイズ調整をした後に商品を発送させていただきます。メジャー等で手首まわりを測り、ご注文画面の特記事項欄にご入力下さい。

※サイズ調整を行いますと、返品・交換は出来ませんので予めご了承下さい。